2019年6月20日木曜日

愛の欠落

こんにちは。

今お借りしているお家には、山岸涼子作品(漫画だよ)がズラリとあって、暇さえあれば、片っ端から読み漁っている日々です。




いや〜、深い。10代の頃もインパクトあったけど、やはりこの歳になったから理解できることが増えて、山岸涼子、すごく好きになった。今更ながら素晴らしい作家で、大家さんに本当に感謝です。

作品もさることながら、私が思う芸術家の姿、真理を勇敢に貫いていく姿勢に、そのアーティストとしての不純の無さに感じ入っています。

とある文庫版の解説に

”無神論者である日本人は、物事を善悪ではなく、損得で判断する”

という一文があり、「山岸作品のメッセージはその正反対を行き」「それは作者が無神論者では無い」ことを意味する内容なわけです。不思議な話や怖い話、目に見えない世界を匂わせる話が多いのも納得。

神、すなわち愛と平和を作品を通して訴えている、そういう感じが伝わるんですよね。
 
チェルノブイリの事故を受けて、日本の原発の是非について問う「パエトーン」は、ギャグ漫画調の画風で親しみやすく、右とか左とかに偏るのでもなく、まっすぐに、ピュアに描かれているエッセイ漫画で、1988年に少女漫画誌に掲載されたもの。

これ、今だったら「大人の事情」・・・「忖度」って奴で絶対掲載できませんよ。

また、別の話には

”人間は知性を得たが、知性が暴走すれば、謙虚さを失いがちになる”

といった内容が描かれていて、この連日、包括的な山岸作品からしみじみと考えさせられましたね。



先日、某国の労働者送り出しを管理する機関に、通訳として訪れる機会がありました。

そこのオフィサー(女性)の我々に対する姿勢は非常に厳しく、最初ちょっとピリピリしてたんですね。自国民の尊厳を守るのが彼女の仕事なわけです。ピリピリもするわ。

しかし、だんだんと、私のハートはオフィサーの方に寄って行きます。

ある労働者の受け入れ先(もちろん日本の会社ですよ)「社長に熱湯をかけられて」さらに「ぶん殴られた」という話を聞いて、ついに私の怒りはマックス。オフィサーの怒りもマックス。

怒りのタッグを組んだ「オフィサー&相手方の通訳」・・・というシュールな空気が出来上がってしまい、話し合い自体はなんだか大団円、みたいに終わったんだけど・・・・

私はとても悲しかった。

立場の強いものが、弱者に熱湯をかけるというのは、確かに物理的にひどい虐待だ。

でも、お湯だけじゃなく「お前なんて嫌いだ」「お湯を掛けられても良い人間なんだ」という愛の欠落・・・、憎しみと人格否定のメッセージを投げつけられたら、それはどんな身体的暴力よりも、禍々しい。

人間は、いつから、物質のみを真実と思うようになったんだろうね。

火傷や打撲は、人格を殺さない。

でも人間は単なる肉体だけですか?


かつて日本は、大きな爆弾を落とされた。
降ってきたのは、爆弾だけじゃない。
それは「死ね」という憎しみの、人格否定のメッセージだった。


今、人は「神」すなわち「みんなで一つの生命を生きている」という認識を離れ、知性を奢り、富を奢り、金を拝んで生きている。搾取する側と、される側の二極性の、どちらか一方的な立場でしか、世界が見えない。

逆に、上級国民という揶揄の言葉を、最近ネット上でよく見かけますが、それも私は嫌いですね。人に上下があったなんて、知らなかったよ。

金と地位がある人のことを、それらを持たぬ人がそう呼ぶのでしょうか?なんでそんなに卑屈に走るのか。それでは同じ穴のムジナじゃん。

「上級国民よ、不幸になれ!」

それも、あの夏空から降ってきた、あの爆弾たちと同じ。


大事なことは、金とか地位とかには無いと思うんだよ、うん。
金を持っていても、持っていなくても、人は奢る。

神を忘れるとはそういうことだ。

持っていても、持っていなくても、人はみな胸を痛める。

忘れないで、生きていけたら、いいね。

わたしも、あなたも。















2019年6月6日木曜日

音の癒し


だだーん!

前にも、もしかして似たような記事を書きましたっけか?

いや、夢かな?

ちょっと、わからないや・・・。書いてない気もするし。

念の為、夢の中で書いたかもしれない記事を再現するために、もう一枚画像を貼っておきます。







インドにいて知らぬ間にリリースされていた!
岡野さんと三輪福さんのユニットによるAvalokesvara の新作が!
その名も「龍宮」。
待ってました!


物理の世界には、共振という原理がありますね。振動の伝播・・・レゾナンスというやつです。

英国のマナーズ博士は、ハンス・イエニー博士のとなえたレゾナンスの原理を臨床に活かすべく、何十年もの研究を重ねて現在のサイマティクスセラピーを確立されたそうです。

簡単に説明するとですね、万物はそれぞれ固有の振動を有します。不調をきたしている部位の本来あるべき周波数を機械で作りだして鳴らすことによって、不調のある箇所の振動の乱れが、うっかりつられて整ってしまうという、こと。

Avalokesvara 観音と龍宮は、このサイマティックサウンドが入っている音盤なんです。この機材、高価なものですよ〜。

この理屈には私も体感的に賛成ですね。交響楽のコンサートに行くと、低→高ダイナミックレンジめっちゃ広いですから、トータルでなんか調子いい。




岡野さん(写真右・・・このコンサート楽しかったなあ〜)は、ほんと恐れ多くも私の拙いCDを作ってくださった方で、もう私にとっては神です。母なる大地です。なんか母なる大地を感じる。なんでだろう・・・。





で、後日はるかちゃんより「シータさん・・・あれ、ヤバイですね・・・!」

そーなのっ!ヤバイのよ!わかってくれる!?

なんといっても私のお気に入り中のお気に入りですからねっ!
私、普段、クラスでは一切音楽をかけません。
なんだけど、やっぱこのヤバさは皆に体験していただかないことには・・・

と思い私もやってみることにした。

岡野さん&三輪福さんとの勝手にコラボ。

心身のヒーリングに重点を置いたセッションです。音と体のレゾナンスを体感します。


スケジュールはこれからじゃんじゃんアップして行くけど、とりあえず、7/31田町のクラスのお休みの日をこれに充てることは確定してる。場所は新宿です。


最新のスケジュールはこのブログのスケジュール欄か、ホームページでご確認お願いします。

使わせていただくのは、プライベートヨガルーム・トリシュール(渋谷区千駄ヶ谷5-31-12 コモドビル2F)

直接来ていただいても構いませんが、マットは頑張っても8枚までしか敷けませんので、ご予約(sivanandakendram@gmail.comまで)優先となります。クラス開始10分前までに入場を完了して下さい。クラスがスタートしてからはご入場いただけませんのでご了承お願いいたします。

とりあえず分かっている分↓
7/31(水)19:00-20:30(開場18:30)
参加費:2000円
です。

ヤバイんで、ぜひ体験して見て下さい。
それか、アマゾンでCD買って下さい。
Avalokitesvara 観音龍宮ですよ。(龍宮には健康な肝臓のヴァイブレーションが入ってますよ!)

ではまた!





2019年6月4日火曜日

7月15日(月)は京都!誓願寺で会いましょう!


す、すみません。

ちょっと、告知が出遅れてしまいました。

しかしですね、既にご予約もボチボチ入っていて、毎年同じタイミングで同じことやってるおかげですかね、皆さん、本当にありがとうございます。

毎年同じこと言ってる気がするけど、いやあ〜何度やめようと思ったことか・・・。
そんなこと言いながら8年目に突入ですよ。こうなったら目指せ10年。

印刷版のチラシがティケティケ、Shoka、などなどでお手に取っていただけると思うのですが、

①「令和」が「令話」になっている。
②「終日通し参加の場合は500円割引」と書くのを忘れた。

ということで、重ね重ねすみません。

犯人は私です。




さて、今年は、なんだか少しフレッシュな気分の私。

他の地域でお話したけど、京都ではまだ・・・という興味深いトピックが実は沢山ありまして、そのうち一つを今回取り上げようかと思ったんだけど、シータマ新しいことにチャレンジしたくなりました。

今年、インドで、スワミGの若かりし日の先生だったという、ロバート先生に初めてお会いしました。先生がいろいろ教えて下さったんですね。アメリカで人気があるらしい漫画「USAGI YOJINBO」(兎用心棒)とか・・・は置いといて、先生の萌えトピックが脳と神経だったので、特にその辺りについて楽しいお話を沢山して下さいました。

(兎用心棒も含め)自習のための本なども薦めて下さったので、実はここ何年も肉体のことは今更って感じで、あんまり深掘りしてこなかったんだけど、先生先輩にバトンを託されると、先生稼業の血が黙っては居れず・・・。

これがまた実際おもしろかったりもするんですよ。

つたない私の言葉を通してにはなりますけれど、脳、神経という視点から、ヨーガの行法の効能を明らかにしてみようと思います。

呼吸や瞑想なんかも含め、いつも何気なく行なっている様々な行法が、生理学的にどのような効果をもたらすのか分かったら、ちょっと良いもんね。

お友達や家族にお話するネタも出来るし、何より、自分のやってることに感謝出来るし、あるいは暮らしの中の様々な行いを正すための指針にもなるかもしれない。

ってことで、脳です。

この夏も、京都で会いましょう!


Sivananda Yoga Workshop「脳とヨーガ」
日程:2019年7月15日(月)
①第一部 11:00-13:00 アーサナ&プラーナーヤーマ実践
②第二部 14:30-16:00 講義「脳とヨーガ」
参加費:①のみ3500円、②のみ3000円、①②通し6000円
会場:誓願寺 京都市中京区新京極桜之町453(裏口 寺務所の2階)
お申込み:sivanandakendram@gmail.com 迄メールにてお申込下さい。
(①のみご予約順に30名様限定とさせていただきます)

※メールの返信がない場合はセキュリティー設定をご確認いただくか、Facebook(Yumiko Sita Terasaki)へご連絡下さい。
※誓願寺への直接のお問合せはご遠慮ください。
※①にご参加の方はヨガマットと動きやすい服をお持ち下さい。
※お履物を入れるビニール袋をお持ち下さい。


2019年5月31日金曜日

低気圧の金曜日

-->


ああ、二日間、ぐったりと過ごしてしまった。
なんとなく後ろめたい感じ。
私どうしようもなく日本人。

アーシュラムをお手伝いをしている時も、この日本人気質から、かなりちゃんと働いちゃうんですよ。で、過労という負荷を体に掛ける。なんなんでしょうね、このジャパニーズ的なサクリファイス精神は。で周りもそれを無意識ながら知っていて、うまいこと利用してるくれてるなあって思います。良くないですね。もっと開き直って体を労わらないとね。でも難しいのよ。生まれてこのかた、社会からそういう風に洗脳されてるからさ(笑)。ま、それも私ってことで。

それはさておき、最近初めて気がついたんだけど、ちょっと喘息っぽい感じで咳が出ると、翌日きまって雨が降る。両親はこの咳を聞くと「病院に行って薬を貰え!」と言うのですが・・・、これは風邪というよりは天気予報みたいなものなのではないか。

そういえば昔から、急に気圧が下がると、地の底に吸い込まれるような重力を感じて、立ち上がれなくなった。そのまま重い眠りの世界に引きずり込まれて、また後ろめたさ・・・なんだけど、こういうのを気象病といって全国に推定1000万人くらいいるらしい。そんな記事を読んでいたら、雨の前に咳が出るっていう症状がありました。へえ〜。

なんでも耳の中が敏感な人が気象病になり易いらしい。気圧や湿度などの変化を内耳がキャッチすると、自律神経が「ほいきたっ!」と有事に備えて活発になっちゃうそうです。ホメオスタシスって奴ですよ。

そう言われてみると辻褄があうというか、思い当たることが沢山あるのね。

25年位前だけど、玄関先のゴキブリホイホイにゴキブリが入った足音で、夜中目が覚めましたからね。もちろんワンルームのアパートですけど。空気の動きや圧力をよくキャッチする耳。

飛行機に乗る時、ドアが閉ると離陸を待たずして必ず自分がシャットダウンしちゃうのも、そのせいだと思う。上空で機体が安定するまでは、強制終了ですよ。地の底系の眠りに入っちゃう。

不便なもんだなあ・・・と思うんだけど、こういう体だから仕方ないですね。あとは後ろめたさと折り合いをつけるだけ。

人間の体は不思議、そしてなんだか凄い。

昨日と今日のぐったりは、気圧だけではなくて、多分、尿路結石が降りてきてる気がする。先週「あれ、背中に違和感?こりゃ噂のギックリ腰の前兆か?」と思ってたんだけど、そういう訳でもなく、痛みのある場所が微妙に移動している。で昼間何度もシャットダウンを繰り返してました。痛みといっても微かなやつですので、ご心配なく〜。

このような不純物は人間みな日常的に排出してる筈で、たまたま今回はそれに気づいたというか・・・。それと気象のコンビネーションだと思います。

こうやって自分の体を知ることは実に興味深い。

私たちは「自分とはこの体だ」なーんて勘違いしている割に「この体」のこと案外なにも知らないものだ。これは、結構すごいメカニズムを持ってるもの凄い精妙なシステム。

あらためて感心な低気圧の金曜日でした。

写真は全然関係ないんですけどね、カラッと晴れた東京から程近いの海。この浜、また行きたいな。なんだかんだいって、やっぱり快晴っていいわ。夏の四万十が楽しみだー!








2019年5月26日日曜日

カウンター(?)ペイフォワード






みなさん、こんにちは。

久々にブログです。書きたい山と、ソーシャルメディアから遠ざかりたい山の繰り返しを、何クールも過ごしてしまって、後手後手に。

書きたいことがある時って、頭の中で確かに作文しているんですよ。それで自己完結しちゃうんだろうね。

そして得意の隠遁願望・・・・の繰り返し。

・・・なので書きたいことがある時は、パソコンでワード使って書いておくことにしました。

面白いことはこの一年くらいの間にも沢山あったんですよ。

例えば、昨年、インドに行く直前に、大阪に仕事に行く道中で、電車内で置き引きにあった話、とか。

一週間前に新調したKindle、前日に新調したWindowsノートパソコン、外付けハードディスク、そしてそのバックアップディスク(オリジナルとバックアップを同じ場所に置いといては意味なし!)、手帳、数珠、などなど。

東京都、千葉県、茨城県の警察に紛失届を出し、JR東日本にも届出を出し、しかし何もかも戻っては来なかった。

幸いにして、財布、携帯、パスポートなどは身につけていたので大丈夫だったのですが、大反省・・・というか、ものすご〜く落ち込みました。一週間くらい胸が痛かった。平和ボケしてましたわ。

本当に胸がキューっと痛いの。なんか失恋でもしたんじゃないかって感じで(笑)。

パソコンもkindleも新品だったからこそ、いや結構なお金を無駄にしましたけどね、実は諦めがつきやすかったんですよ。

一番悲しかったのは、過去10年以上分の思い出や、様々な資料の詰まったハードディスクね。

友達との、生徒さんとの、家族との、飼い犬との、いろんな思い出が走馬灯のように頭の中を巡ってね、大好きだったギーターの講義の音源とか、若くてピチピチ可愛かった自分の姿とかも(笑)。

「ああ、こんなに愛着があったんだな」って。

もう届かないものになってしまったんだなって。

そんなの最初から分かってるんですよ、過去は過去だし、過ぎて行くだけだし、戻らないしって(笑)。

この事件は、私の中では、実は結構、手痛いお勉強になりました。頭でわかっていても、人間には愛着ってのがある。それは私だけじゃなくて、他のみんなもそうなんだってこと。

肉体なんて所詮は土に還ると分かっていても、大切な人を亡くしたら、やっぱり胸が痛むのだろう。

健康を損なったら、自分の行いの結果と分かってはいても、悲しいだろう。

こういう情緒の中を人間は生きて行くのだって。

大阪から毎日、JR東日本に電話で問い合わせるんですが、ときどき冷たい対応の職員の方もいらっしゃるんですよ。

「こんな風にすげなくされたら、悲しいんだな」

そしてこちらの気持ちに寄り添ってくれる方もいた。意外にも若い職員さん達がそうでした。

「こんな風にされたら、たとえ喪失を埋められなくても、癒されるんだな」


こういうことが分かったのが、本当に大きかった気がする。




一週間後に東京に帰り、その足で、肩を落としたままコンビニに寄ったら、レジでクジを引かされて、ボトル飲料が当たったの。中国人の店員さんが「わー、すごいね、当たったよー!おめでとう!」と言う。その明るさに救われたような気がして「やった!私、実は今日、誕生日なの」と返すと、「えー本当?みんな、誕生日だって!」と店じゅうの外国人店員さんから、おめでとうコールのシャワー。みんな温かいし(涙)、わたし幸せ。

なんかそれで、全部チャラになった気がして、胸の痛みが取れました。


おまけ

誕生日の前日のナイショの話。

昔すっごく好きだった人がいたんですよ。彼が非常に徳の高い好人物だったため、自分に自信が無さ過ぎた私は当時、恐れをなしてウジウジと逃げたんですが、その日、偶然が重なってその人に関西で再会しました。友人として対等に対話が出来たことで、なんかその黒歴史を乗り越えることが出来たのが良かった。今は、自分と自分が遠くないってことが、わかったから。15年振りでした。

その時「いやさあ、全部盗まれちゃってさあ!あ、ちょっと失礼・・・」なんて言いながら、とある赤ちゃんの心臓手術の為の募金に協力したんです。そしたら「君は本当いい人だ」って褒められた。やったー!私が本当にいい人かどうかはさて置いて、やっぱり若き日の憧れの人に褒められたら、そりゃあ、ちょっとは嬉しい。

盗人にいろんなもの盗られて、悲しみとかムカムカでいっぱいだったんだけど、

「くそーっ!このムカつきパワーを逆噴射で善い行いに転換だーっ!」

と全体重をかけてレバーを引きました。この方式を「カウンターペイフォワード」と名付けたんだけど(笑)、どうでしょ。

仇を恩で返すような輩になるんですよ。

嫌な目にあったら、敢えて善いこと放つ。なかなかパワフルなメソッドだと思うんだけど?自分が救われる部分も大きいよ。

試してみてね。