2022年6月16日木曜日

いちばん美味しいインドご飯。6月25日(土)プールナ食堂の「チャリティー感謝祭」!


アンナプールナ(ご飯をいっぱいに満たしてくれる女神)にシヴァもニコニコ。


みなさま、こんにちは。

今日は、情報をシェアさせて下さい!

6月25日(土)東京の東中野で素敵なイベントがあります。

「プールナ食堂」の一周年「チャリティー感謝祭」!

いつもは水曜日の活動ですが、この日ばかりは平日お勤めの方も、心の篭った美味しいインドミールスを召し上がれます!

詳細はコチラをクリック。


「プールナ食堂」はVedantaを一緒に勉強させていただいているShotaroさんの活動です。


読者の皆さんの中には、インドのアーシュラムや寺院で、ご飯の施しを受けたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あのご飯は一体どこからやってくるのか、謎に思いませんでしたか?


あれは「これで皆さんにご飯を」という、どこかの誰かの好意(と行為)のかたちです。

ご飯の施しをアンナダーナンっていいます。

お寺の、あのでっかいダイニングホールは、アンナダーナンを施す人と施される人が出会う場所。


Shotaroさんは、まさにそういう場所として「プールナ食堂」という場を提供して下さっています。活動内容についてはコチラ←を読んでみてね。


みんなお金って貰ったら嬉しいよね。宝くじとかさ。

「いくらあっても困るもんじゃないから」ってね。

この台詞、お金のことを実に良く表現しているんですよ。

そうなの。お金っていくらあっても満たされない。

もうお腹いっぱい、もう要りません、お金〜!とはならない。

もっと、もっと、になる。それがお金。


でもご飯だけは違うんだよね。

誰かのことを、満杯に満たすことが出来るのがご飯。

だから、誰かにご飯を食べて貰えるって、お互いがすっごく幸せなことなんです。


インド各州の言語で、私が必ず最初に覚える言葉。

マラヤラム語ではマディマディ。

タミル語ではポードンポードン。

ヒンディー語圏ではバスバス。

時々タクシータクシーとボケて相手を笑かしてみる。

「もう、いっぱいいっぱい!充分、充分!」

って意味です。


プールナ食堂は、どなたでもご飯を食べに来ることの出来る場でありながら、もしあなたが誰かに美味しいご飯を食べて貰いたいなら、その為のお布施を出来る場でもあります。ペイフォワードです。


このチャリティー感謝祭では、シタールのコンサートも開催されるよ!

幸せを、まだ見ぬ誰かにお裾分けしたい方、この日東京にいるよって方。

是非ご予約のうえ足を運んでみて下さい。


それから・・・・

今月お米を買うお金が尽きてしまったとき。

うまい棒がおかずです、という方。

何もかも上手くいかなくて、消えてしまいたいとき。


騙されたと思って、誰かがちゃんと作ったご飯を食べてみて欲しい。


ご飯は、あなたの人生全体を救うことは出来ない。

だけど、あなたの一日を救うことでしょう。

あなたが、あなた自身を救うその時まで、何度倒れても、あなたを救い続ける。


心を元気にするのは、ご飯に込められた良い思い。

Shotaroさんの作るご飯は本当に美味しいよってこと、覚えておいて下さい。


2022年6月15日水曜日

なめらかなテクスチャー


こんにちは。

梅雨らしい毎日。ちょっと肌寒い。

今日は気負わず、ただ今日頭に浮かんでは消えていくことをメモのつもりで。

週末は、おじゃまんが山田くんみたいなボロアパートに若者が立て続けに来訪し、おしゃべりをしまして、めっちゃ楽しかった。また来て下さい!


ふと気づくと今日は6月15日で、亡くなった生徒の I さんの一周忌です。

郵便局の帰り、花屋の前を行ったり来たりして、結局お花を買った。

まだ一年しか経っていないと信じがたい。遠い遠い昔のことのようです。

・・・というのは多分、今と二年前くらい前とで、自分の中で何か大きな変化があるせいではないか?と推測する。


イマイチSNSに近寄れなくなっているのも、その変化のせいなんだと思う。

その変化は、目に見えるものではない=自分でも心の中で捉えがたい微細な変化なのです。

具現化が難しい=具体的な表現が難しい。

ただ、 I さんの訃報のような、なにか日常と少しだけ違う出来事が起こったときに、心のスクリーンにほんの幽かな形で映る感じがあって、捉えどころのない何かを、ちょっとだけキャッチ出来る気がする。


私があれをやっている、これをやっている。

誰かさんが病気になった、誰かさんが死んだ。


・・・というシンプルな対物化、対事象化が、なんだか出来なくなってしまったのだ。

気持ちの中で。

荒いバーコードで管理してたのが、システムが妙に精密になってしまった!どうすべ?みたいな。


主語と目的語が曖昧になってしまった感じ。

そうなると頭の中身がSNSの記事になりにくくなってしまって・・・。

この二年の間に、心を大きく動かす沢山の素敵なことがあったのだけど、それをみんなにもシェアしたいのだけど、なんか、出来ずにいます。


言葉の枠組みで雑に仕分けしてしまうのが、すごく勿体なく思えているのかも知れない。


でも、シェアしたい思いもあるので、諦めてはいないんだけどね。

いつかその思いを自分で叶えると思うけど、ちょっとばかり時間かかるかも。


そんな曖昧模糊で不明瞭の私、今そんな感じなんだなあって気づかせてくれる出来事たち。

 I さんのこともそう。

バーコードじゃない、境目のない、滑らかなテクスチャー。

いつもクラスの後にみんなにチョコレートをくれた I さん。

タイムリーに今日はクラスだからね、私が配るよ!


自分のために、お優しい I さんを知る人たちのために、おせっかいながら記しておきました。

ともに思いを馳せましょう。




2022年6月5日日曜日

7月22日〜25日★大人の夏休みリトリートin 四万十2022

今年もこの季節がやってきます!

大人の夏休みリトリート。

四万十で暮らす友人、Kuniさんとの合同企画です。

私が単体で企画するリトリートは、まあまあストイックなんですがこの企画は特別なんだよね。

「夏休みに親戚の家に遊びに行く」感覚っていうのかな。

人と自然と戯れて、いのち満開、全開バリバリ、キラッキラしましょう!

・・・というリトリートです。


しばし目を閉じて思い出してみる。


私は小学生、夏休み、ラジオ体操に行く、早朝の涼しい風。

スイカの種を飛ばす視界にならぶ、日に焼けた脛と足、夏にだけ履くサンダル。

泳いだあとの気怠さは不思議と心地良くて、

五十円アイスの棒を眺めながら、畳に寝転がった。


ひぐらしの声に目を覚ますと、汗ばむ肌は少しペタペタしていて、

いつの間にかもう薄暗いね。

すぐに夕闇が降りてくるよ。

お腹減ったな。


あの、まっさらなで健やかな生気を、思い出し、取り戻そう、というリトリートです。


ラジオ体操もといアーサナクラスは私が、遊びはKuniさんがガイドします。

親戚のおじさん役のKuniさんのDIYにも注目で、今年はどんなリノベーションが見られるかな?

畑を触らせてもらったり、みんなでご飯を作ったり、花火をしたり、朝の散歩に行ったり、今年はどんな夏休みになるかな。

「いらっしゃい、よく来たね。」

海派の人も、川派の人も、四万十で会いましょう!

詳細は、過去のリトリートの写真の末尾に!

Here we go!









             








           




























【大人の夏休みリトリート in 四万十2022 】

日程:7月22日(金)7:00~25日(月)21:00
会場:高知県四万十市 Natural Life Yoga 
参加費:48000円
定員:6名
※一泊二食、ヨーガクラス、瞑想、講義など、海山川の自然体験

お申込&お問合せ:sivanandakendram@gmail.com、またはこちらから

※メールの返信のない場合はメールボックスのセキュリティチェックをご確認ください。またはfacebook Yumiko Sita Terasaki にDMをお願いします。

2022年5月17日火曜日

2022年7月18日(月)京都 Sivananda Yogaワークショップ【じぶんパワースポット化計画!】


離婚後、公務員としてお勤めされた清少納言さん↑

さあ、京都!

今年も夏の恒例の誓願寺さんでのワークショップをさせていただけることとなりました。

お寺さんとのやり取りがですね、なんというか、相手への真っすぐな祈りの言葉を照れることもなく言い合えるのが、とても良いのです。

同じ修行の道にあるもの同士の共有するリアリティーがあるのだと思います。

もう感謝しかありませんホント。

いつもいつもありがとうございます。


ところで、知ってました?

誓願寺の起源はなんと飛鳥時代、667年!もともとは奈良にあったそうです。ちなみに現在の場所に移転したのは結構最近で・・・といっても1591年。

清少納言や和泉式部などの女性に慕われた女人成仏のお寺だそうですが、900年代の女性も、私達と同じような悩みを抱えていたんですかね?女子会でも出来たら御本人達に聞いてみたいものです。

そんな誓願寺の歴史においてはハチドリのひと羽ばたきくらいですが、2000年代、おんな一匹私シーターも11年お世話になり続けています。

「成仏」の本当の意味は「知った人に成る」ってことで、ヨーガの道の目指すゴールそのもの。時代が変わっても変わらない普遍的な学びに相応しい場所です。

ちなみに今回は 7月16日(土)に兵庫県たつの市のYOGA FARMで行われる講義に続く内容となっています。もちろん単発でもOKですが、ご興味のある方は前編の内容を踏まえご聴講いただけると、よりお楽しみいただけると思います。YOGA FARMさんが講義のオンライン配信をしてくれますので、ご興味のある方はお問合せしてみて下さい。

またこちらはアーサナの先生に向けた、「アーサナプラクティショナーに対し、どのようにアドヴァイタ聖典の世界への架け橋の渡すか」の一例としてのクラスでもあります。参考にして頂けると幸いです。



今年も、皆様により安心してご参加頂けるよう、定員を冒頭の写真の半分にして開催します。誓願寺さんの広い講堂を、贅沢に使わせていただきましょう。この機会に是非足をお運びください。


以下詳細。↓

女性の恋愛を主体的に描いた歌が人気の和泉式部さん↓


今回教える人 シーターさん(右)↓Pepperさん(左)を説得中。




Sivananda Yoga ワークショップ2022夏【知の領域へのはじめの一歩】

2022年7月18日(月・祝)京都編「じぶんパワースポット化計画!」
スケジュール:第1部12:3014:00 座学(90分)
       第2部14:3016:30 アーサナ(120分)
参加費:第1部のみ3000円、第2部のみ4000円、通し6000円
会場:京都市 誓願寺講堂(寺務所2階)
お申し込み:sivanandakendram@gmail.com 迄メールにでご連絡下さい。
※メールの返信のない場合はメールボックスのセキュリティチェックをご確認ください。またはfacebook Yumiko Sita Terasaki にDMをお願いします。

※定員は各回20名ずつ(状況に応じて定員を減らす可能性有り)
※入場時の手指消毒、マスクのご着用をお願いしています。
※水分補給以外の飲食はお控えください。
※誓願寺へのお問合せはご遠慮ください。

⼈気のパワースポット巡り。あそこに⾏けば願いが叶う。これを⼿に⼊れたら幸せになれる。
ん?幸せってなんでココじゃなくて他のトコにあるの?それって⼿に⼊れたり⼿放したり出来るものなの?

近頃は‟スピリチュアル“という⾔葉が、神秘主義的な意味で使われることが多いようですね。
‟気が良い”、‟浄化される“といった⾔葉もよく⽿にするようになりました。

その背景にあるのは「⾃分以外の何か」を拠り所にしたい願望で、それだけ沢⼭の⼈が不安を抱えているということなのかも知れません。

しかし、それらの⾔葉が、意味を理解された上に使われているかというと疑わしいのです。
浄化とは、あるいはスピリチュアルとはどういうことなのか、その意味をそれを追求する⼈は殆どいません。

それでも何か思うところあって、皆さんはヨーガの⾨を叩かれたのでしょう。

今回の講義では、“思考”という働きの構造を学びながら「私」と「幸せ」の関係を確認します。

さらに講義の内容を踏まえたアーサナの実践で、いつもと違う⾵景を⾒つけていただければと思います。

誓願寺でのワークショップも11年⽬!
先⼈の教えを灯にヨーガの知の領域へ、初めの⼀歩を踏み出しましょう!


【寺崎Sita 由美⼦】 Sivananda Yoga 講師。2005年に指導を始めて以降、⽇本をはじめインド、スリランカ、UAEなどのヨーガセンター、アーユルヴェーダ施設などでローカル向けの指導を⾏うほか、後進の育成に当たる。2010年よりSwami Govindananda Saraswatiの助⼿としてアーシュラムを運営に携わり、コースで教鞭をとる。ニックネームはシータマ。 https://yumikosita.blogspot.com/



2022年7月16日(土)たつの Sivananda Yoga ワークショップ【知の領域へのはじめの一歩!】

ラディカーこと、ゆかりちゃんと知り合って13年、今年の夏も兵庫県たつの市のYOGA FARMにお邪魔させていただきます。

近畿のみならず、岡山~広島エリアの方も是非遊びにいらして下さい。

このワークショップはですね、ラディカーパパさんの作った朝採り新鮮野菜を目当てに来られる方も多いのではないでしょうか?私もシータ万蔵趣味の世界おパンツを持って行きます。最近はラディカー夫さんの貴重な無農薬米も手に入りますので、お問合せしてみて下さい。

写真のとうもろこしは衝撃的にジューシーかつ甘く、帰宅を待てずに電車の中で生食してしまったと誘惑の一品。歓喜のあまり舞っています。

ところで、このワークショップは夏の関西WSシリーズの前編でして、後編は二日後の京都。

京都の講義はもちろん単発で聞いて頂いても大丈夫ですが、YOGA FARMの講義はオンラインで聴講していただけるので、宜しければ前編のお話を聞いていただいた上でご参加頂けると、もっと楽しいと思います!

※京都の講義は配信はありません。

またこちらはアーサナの先生に向けた、「アーサナプラクティショナーに対し、どのようにアドヴァイタ聖典の世界への架け橋の渡すか」の一例としてのクラスでもあります。参考にして頂けると幸いです。


もろこしの舞

 2022年7月16日(土)Sivananda Yoga ワークショップ「知の領域へのはじめの一歩」たつの編 しんしんしんの連なりを見つけよう! ←クリック

【講師】寺崎シータ由美子先生
【会場】YOGA FARMたつの(たつの市揖保川町市場462)
*駐車場あり
【持ち物】動きやすい服装・水分・タオル・ヨガマット・筆記用具など
*更衣室がないので、お車で来られる方は、ヨガができる格好でお越しください。
*ヨガマットのレンタルあり(予約制)
【参加費】通し5000円、第1部のみ2000円 第2部のみ:3500円
【お申し込み締切】7/13(水)まで、もしくは、定員に達し次第終了。
【お申し込み先】プロフィール→YOGA FARM Line@
もしくは、メールアドレス:peaceofmind461@gmail.com
皆様で、ヨガを深めて、心身の健康以上の恩恵を手に入れてゆきましょう^^


■第一部 ’’知“の領域へのはじめの一歩
12:30~14:00(定員15名) Online参加も可能
普段みなさんの行っているヨーガの体操のあれこれは、
実は心の扱い方を知るための「心の筋トレ」です。
小さな実践を積み重ねて目指す「精神の落ち着き」は
いったい何のために必要なのか? またそれを高めるためには何が必要なのか?
情報だけが独り歩きする昨今ですが、字面だけで知っている用語の意味をきちんと理解して、
身体だけのプラクティスのその先へ踏み出してみませんか?
■第二部  しんしんしん(神心身)の連なりを見つけよう!
14:30~16:00(定員10名)
レクチャーの内容を踏まえ、今回のアーサナクラスのテーマは「観察」です。
「知るための道具」である「思考」の細かな働きを「知る」ことにチャレンジ。
心で起こっていることが、そのまま気を動かし、さらに体を動かしていることを、
実際に感じて理解に繋げていきましょう。

2022年7&8月 横須賀 Sivananda Yoga Workshop 全2回【知の領域へのはじめの一歩!】


「しんしんしんしんしん!」

忍者ハットリくんの弟のしんちゃんが一生懸命走るときの声です(笑)。

ちなみに、ハットリくんは「にんにんにん!」です。

みなさん、心身ともに元気にしてますか?

コロナ式ライフスタイルがなおも続く2022年。

はて、今年も呼んで来ただけるのかしら・・・と思っていたら、やったー!

夏の恒例、東西Sivananda Yoga ワークショップ関東圏。

今年も横須賀で開催です。※詳細は文末に記載。

この夏のテーマは「知の領域へのはじめの一歩」

みんなが「先生の号令にあわせてやる体操」と思っているヨーガの、土台となるロジックと目的を知ろうという、いわば知識の追求のファーストステップです。


なにか感じるものがあってヨーガなるものに興味を持った。そして、もう一歩、その深みを覗いてみたい、そんな皆さんをガイドします。

またこちらはアーサナの先生に向けた、「アーサナプラクティショナーに対し、どのようにアドヴァイタ聖典の世界への架け橋の渡すか」の一例としてのクラスでもあります。参考にして頂けると幸いです。


           教えるのはこのてるてる坊主的な人 ↑


                 
            教えるのは15年前に短髪にしてみた人↑


教えるのは猫を相手に講義をしている黄色い人↑


職業は頑張り屋さんのSitaでございます。


よろしゅうに。



Sivananda Yoga ワークショップ2022夏【知の領域へのはじめの一歩】関東編←クリック

日時:7月3日(日)&8月7日(日)の全2回 ※8月の日程は6月中旬に暫定
   13:00-14:30 第1部(座学)
   15:00-17:00 第2部(アーサナ)
会場:横須賀駅から徒歩8分、汐入駅から徒歩6分(本町コミュニティーセンター)
参加費:各日程ともに、第1部(90分)2500円、第2部(120分)3500円、一日通し 5500円
お申込・お問合せは yogasalaleela@gmail.com 迄
※入場時の手指消毒、マスクのご着用をお願いしています。
※お名前(複数の場合は全員)・電話番号・参加希望のクラス日時をご明記ください。Yogasala Leelaからの返信をもってお申込み完了となります。


★前編 7月3日(日)「合言葉はしんしんしん!見つけられますか?神心身の連なり」


普段みなさんの行っているヨーガの体操のあれこれは、実は心身の扱い方を知るための「心の筋トレ」です。

私が‟私“と思っているこの場所にある様々な働き。それらはどのように連携しているのか?

小さな実践を積み重ねて目指す「精神の落ち着き」と、はいったい何のために必要なのか?

プラクティスのバックグラウンドにある科学と論理を講義で学びます。

 また、レクチャーの内容を踏まえ、アーサナクラスのテーマは「観察」です。

今ここにある体、その体を動かしているエネルギー、エネルギーをコントロールしている知る道具=思考の働き。それらの連続的な関係を客観的に捉えることに挑戦します。受け身的な体操ではなく、主体的なマインドのアクティビティーであるヨーガを実際に体験し、理解に繋げます。


 字面だけで知っているつもりの言葉の意味をきちんと理解して、身体だけのプラクティスから、知識の領域に一歩踏み出してみましょう。
 
★後編 8月7日(日)※暫定「じぶんパワースポット化計画」

老若男女に人気のパワースポット巡り。ここに来れたら願いが叶う。あそこに行けば幸せになれる。でも、幸せってここではないどこかにあるものなの?幸せになったり、幸せじゃなくなったり、幸せってそういうものなの?

幸せとはいったい何者で、どこにあるのでしょうか?

 スピリチュアルという言葉が、神秘主義的な意味で使われるようになった昨今。気が良い浄化されるといった言葉もよく耳にするようになりました。そこに見えるのは「自分ではない何か」を拠り所にしたい願望で、それだけ沢山の人が不安を抱えているということなのかも知れません。

 しかし、それらの言葉が、意味を理解された上に使われているかというと疑わしいのです。

浄化とは一体どういうことで、どこに起こっているのか。

それを追求する人は殆どいません。

それでも心のどこかに思うところがあって、皆さんはヨーガの門を叩かれたのでしょう。

後編となるこの回では、‟スピリット(本質)を知ろうとする=自分自身を生きる皆さんに向けて、前編の内容から思考野にフォーカス。その構造と特性を解説します。

 「ヨーガ」とは体操でも拠り所でもなく、皆さん自身の歩む道です。レクチャーの内容を踏まえ、アーサナクラスで、浄化の意味を実際に体験して下さい。