2021年3月29日月曜日

晴れたら☆彡 4月11日(日)青空ヨーガ ♪

4月4日 → 4月11日に延期しました。

朝の気温が低いことが見込まれる為、開始時間を30分遅らせました。アーサナの後お話をして午頃に解散と思っていましたが、お話は省きます。

先日、ロケハンの話を書きましたが、お天気さえ良ければの話なんだけど、屋外でヨーガをしようかなと思っています。場所は東京都下の青梅。


お昼頃に現地解散しますので、散策や、お昼をお持ちの方はお外ご飯をお楽しみ下さい。もうちょっと歩きたい方はハイキングコースもあります。前日や当日に宿をとってノンビリされても良いんじゃないかなあと思いますよ。私も利用した宿がいくつかありますので、ご案内は出来ます。


【概要】

日時:4月11日(日)10:00am JR青梅駅改札口から出発

持ち物:ヨガマット、マットの下に敷くレジャーシート、寒くない服装

参加費:毎週のサークルクラス同様に自由料金 (・・・と言われても・・・という方は、どこかのスタジオクラスに行ったつもりでご自身で設定してください)

最少催行人数:3名(上限6~8名)

ご予約:sivanandakendram@gmail.com


【当日の流れ】

・10:00ウォーキング開始、追ってアーサナ

・お昼頃に現地解散

・主要駅の時刻表は記事の最後にございます。

・10時にはスタートしますので、駅前でお弁当など購入したいかたは、それまでにお買い物を済ませて置いてください。会場は駅から15分程です。近くにハイキングコースも有ります。

※日焼け、虫(まだそんなにいないと思うけど)が気になる方は各自対策お願いします。

※歩きやすい靴、アーサナの出来る服装でいらして下さい。






私の好きな日本タンポポ




カタクリ


以下の様な直通列車があります。

東京駅ー新宿駅ー青梅駅

8:02 ー 8:16 ー 9:26(JR中央縁 快速青梅行)

新宿始発8:20 ー 9:20(JR中央線 ホリデー快速奥多摩)

8:32 ー 8:46 ー 9:55(JR中央縁 快速青梅行)

ちなみに乗り遅れてしまった人は↓で来てアーサナ会場に自力でいらして下さい!

8:54 ー 9:08 ー 10:07 (JR中央縁 青梅特快)

車で来る方もお声かけて下さい。アーサナ会場近くの駐車場をご案内します。

(1時間100円くらいと思う。)


いちおう、最少催行人数に満たない場合は開催しませんので、ご予約なしに集合場所にいったら誰も居なかった!ということにならないよう、まずはご連絡下さいね。


では、書を捨てよ山で会いましょう!



2021年3月27日土曜日

「ハタヨーガ指導 実践のための講座」(実技編)神戸5月8日(土)&東京5月23日(日)

日本にも、そこに住まう身体の中にも、春が訪れました。

心も身体もアクティブになっていくのを感じる季節ですね。


ハタヨーガ指導者向けの講座のご案内です。


この講座をリクエストされたのは2019年の終わりだったのですが、一年以上も延期してしましました。お互いに気を付けながら、身体コンタクトの実践をします。

時間が短いので、理論編は別の機会に作りたいと思っています。

(当日確保出来れば一番良いのですが・・・)


日本でいわゆる「アジャスト」と呼ばれているやつですが、相手の身体を触ることの目的は、第一に、生徒を尊重しその安全を確保することです。


更に生徒が生徒自身の実践において福利を得られたら願ったり叶ったり・・・といったところでしょうか。


私が皆さんにお伝えできるのは、マッサージでも、サーカスでも、アクロバットでもなく、あくまでもオーセンティックなものになりますが、相手を「神として敬う」ことは、インドの伝統のエッセンス、とても大切なことですので、まずはその根底を理解して頂けたら嬉しいのです。

私たち指導する立場のほうからは「コレクト」と呼んでいます。それは矯正というよりは、彼らが彼ら自身を「アジャスト」出来るように導くこと。行先を示すことが私たち指導者の役割です。


・・・という精神を踏まえた上でですね、ハッキリ言ってしまうと、これは理屈ではなくて「技術」です。積んだ経験の分だけしか身に付きません。


こんなに話したら、本番で話すことなくなっちゃうかな?そんなことないか。とにかく練習あるのみ。


例えばヘッドスタンドなどは、足腰を掴んで「上げてしまう」のではなく、生徒に自分で上がらせることが重要。ワンフィンガー、フェザータッチのミニマムコンタクトでそれが可能です。

「ハタヨーガ指導 実践のための講座」実技編
 ハタヨーガは身体運動を伴うヨーガです。指導の際に生徒の体に触れなくてはいけない場面で、相手を傷つけることなく身体にコンタクトするためには、相応の経験を要します。それは、生徒を尊重しその安全を確保するために、身に着けておくべきスキルです。本講座では、アジャストメントのテクニックとその理論的裏付けを学び、実際に身体を触りながらトレーニングします。持ち物:ヨガマット、アーサナが取れる服装をご持参ください。※ヨーガの指導者、インストラクター向けのプログラムになります。

★神戸 5月8日(土)※暫定

時間:15:30~19:00

会場:ティケティケ

参加費:7000円

定員:10名

お申し込み:ティケティケ予約ページ ※ご希望のクラスをご明記のうえご予約下さい。


★東京 5月23日(日)

時間:13:00~16:30

会場:東京で調整中(お申し込み時にお知らせします)

参加費:6000円

定員:10名

お申し込み:sivanandakendram@gmail.com



2021年3月25日木曜日

液晶画面を捨てよ、空の下へ出よう。

月曜、午後二時。とつぜん思い立って家出した。

一人住まいではあるのだけど、これも立派な家出なのである。

「書を捨てよ町へ出よう」は言わずもがな、寺山修司の作品の表題。

でも、今は町よりも、もうちょっと違うところに出た方が良くないか?と思い、町と反対方向の列車に乗りました。

そしたら、ほら、思いがけず、満開の桜やら何やらお花の数々と、化学汚染少なめの空気が迎えてくれましたよ。こんな風にちゃんと桜を見たのは、本当に10年ぶりだよな。



さっき「とつぜん思い立った」と言ったけど、実はそれは本当ではない。
私がなにか新たに行動を決めるときって、基本的に閃き待ちなんですよ。

先週くらいからですかね。「あれ?なんか、みんな疲れてない?けっこう”塵が積もっちゃった”っていうか・・・」と急に頭に差し込んで来たのよね。

大きな変化を受け止めてきた一年だったからねえ。もちろん自分も含めてだけど、人々の双肩に疲れが積み重なるのも、当然ではあるよね。そろそろ、歯車の軋みが、体感できるくらいに芽吹き始めるんじゃないかな・・・と。

私は、どちらかというと、その辺のガス抜きを小まめに出来るタイプなんですよ。でも、そうでない人もいるから、何か理由を付けて、バランスの軸を戻しやすいように方向付けを、ちょっとだけ手伝えないかなあって、ここのところ、ずっと考えていました。もちろん自然の力(太陽とか)も借りてね。

それで「お外でアーサナしようぜ!」とか言って、ちょっくら生徒さんを連れ出すか、と。

あんまり大仰なことにしたくないので、都心でと考えたんだけど、「塵積」な悪しき神経回路の轍からちゃんと抜けだせるように、喧騒からは離れたほうが良い気がするんだよな。

で、ロケハンに飛び出したという訳。

個人的な好みをいうと、アーサナするなら土台が揺らいでしまうビーチはNG。でも水が好き。で多摩川を遡ってみた。



人が集まって、体操していても怒られない、人が沢山いない、そして平たい場所はないか?

10キロくらい歩いて、二三箇所ほど候補地を探し回りました。


チョイス①水コース。
〇砂部分だと土台が揺らぐけど、玉砂利の部分なら足が埋まらないことが分かった。
〇水好き
×雨が降って地形が変わったら消滅してしまう。
〇現場へのハイキングが楽。



チョイス②空コース

×私の好きな水がない。

〇×現場へのハイキングが①より若干タフ。でも良い運動としては良い。

〇釣り人、バーベキューのグループがおらず静か。



 チョイス③ 公園コース

〇トイレが近い。

× 週末は人の往来があるだろう。

?こういう時期なので公園の管理事務所に集会を咎められるかも。


・・・というのが、ロケハンの収穫ですね。

JR青梅駅に集合して、30分程度のハイキング → ヨーガして、お昼ごろに現地解散です。そのままハイキングコースに行くのもいいですね。ランチ持参か駅前で購入も自由ですが、コロナの件があるので、みんなでピクニックとかは計画していません。東京駅からは、在来線の直通列車で1時間半。

てな感じで行こうと思ってます。

最少催行人数は2名。上限は6名~8名くらいかな?

ひとまずは4月の日曜日・・・4日、11日、25日のうちどれか。天気予報をチェックしつつ、詳細と開催日はスケジュールページで発表しますね。


ということで、まずは「家出のススメ」でした!

神経、五感のバランスを取り戻す実践的な方法?の一つとしての企画です。

あ、その点においては、今年の夏の京都と横須賀は、皆さんにがっつりシャヴァ―サナについて仕込む予定なのでよろしくね。

他にも考えていることがあるので、形に出来そうになったらお知らせします!


またね!