2021年3月27日土曜日

「ハタヨーガ指導 実践のための講座」(実技編)神戸5月8日(土)&東京5月23日(日)

日本にも、そこに住まう身体の中にも、春が訪れました。

心も身体もアクティブになっていくのを感じる季節ですね。


ハタヨーガ指導者向けの講座のご案内です。


この講座をリクエストされたのは2019年の終わりだったのですが、一年以上も延期してしましました。お互いに気を付けながら、身体コンタクトの実践をします。

時間が短いので、理論編は別の機会に作りたいと思っています。

(当日確保出来れば一番良いのですが・・・)


日本でいわゆる「アジャスト」と呼ばれているやつですが、相手の身体を触ることの目的は、第一に、生徒を尊重しその安全を確保することです。


更に生徒が生徒自身の実践において福利を得られたら願ったり叶ったり・・・といったところでしょうか。


私が皆さんにお伝えできるのは、マッサージでも、サーカスでも、アクロバットでもなく、あくまでもオーセンティックなものになりますが、相手を「神として敬う」ことは、インドの伝統のエッセンス、とても大切なことですので、まずはその根底を理解して頂けたら嬉しいのです。

私たち指導する立場のほうからは「コレクト」と呼んでいます。それは矯正というよりは、彼らが彼ら自身を「アジャスト」出来るように導くこと。行先を示すことが私たち指導者の役割です。


・・・という精神を踏まえた上でですね、ハッキリ言ってしまうと、これは理屈ではなくて「技術」です。積んだ経験の分だけしか身に付きません。


こんなに話したら、本番で話すことなくなっちゃうかな?そんなことないか。とにかく練習あるのみ。


例えばヘッドスタンドなどは、足腰を掴んで「上げてしまう」のではなく、生徒に自分で上がらせることが重要。ワンフィンガー、フェザータッチのミニマムコンタクトでそれが可能です。

「ハタヨーガ指導 実践のための講座」実技編
 ハタヨーガは身体運動を伴うヨーガです。指導の際に生徒の体に触れなくてはいけない場面で、相手を傷つけることなく身体にコンタクトするためには、相応の経験を要します。それは、生徒を尊重しその安全を確保するために、身に着けておくべきスキルです。本講座では、アジャストメントのテクニックとその理論的裏付けを学び、実際に身体を触りながらトレーニングします。持ち物:ヨガマット、アーサナが取れる服装をご持参ください。※ヨーガの指導者、インストラクター向けのプログラムになります。

★神戸 5月8日(土)※暫定

時間:15:30~19:00

会場:ティケティケ

参加費:7000円

定員:10名

お申し込み:ティケティケ予約ページ ※ご希望のクラスをご明記のうえご予約下さい。


★東京 5月23日(日)

時間:13:00~16:30

会場:東京で調整中(お申し込み時にお知らせします)

参加費:6000円

定員:10名

お申し込み:sivanandakendram@gmail.com